TOPIK対策講座

TOPIKについてはみなさんよくご存知かと思いますが
おさらいも兼ねて、TOPIKとはどのような試験なのか
まずご紹介したいと思います。

TOPIKの正式名称は韓国語能力試験、
韓国語では한국어 능력 시험、
英語ではTest of Proficiency in Koreanです。

たまにTOPICと書かれてている方を見かけますが
韓国語能力試験、Koreanなので、TOPIKですよ。Kです!

TOPIK試験の詳しい概要はこの検定試験を主催されている
韓国教育財団さんのホームページが一番詳しいため
ここでは割愛させていただきます。

この韓国語能力試験TOPIK、実は少し前までは
初級、中級、高級という3つの試験に別れていました。

各級(初級、中級、高級)の自分に合った級の試験を受けて、
取得した点数に合わせて、自分が何級(数字の1〜6級)に
合格したのかが決まるという仕組みでした。
初級は1・2級、中級は3・4級、高級は5・6級という具合にです。

私は2004年に初めてTOPIKを受けましたが
当時は確かに初級・中級・高級に級が別れていましたよ。

この後、2014年からTOPIKが大きく改正され
今のTOPIK試験の体制になりました。

どう変わったのか詳しく知りたい方は
韓国教育財団さんのQ&Aページをご覧ください。

今現在はTOPIKⅠとTOPIKⅡという
2つの種類の試験に別れています。(2018年5月現在)

TOPIK Ⅰは初級レベル、1・2級レベルに当たり、
TOPIK Ⅱは中級と高級レベル、つまり3〜6級に当たります。
数字の級(1〜6級)は旧制度と同じように
取得した点数に合わせて決まります。

韓国語を勉強する目的は正直、人それぞれですが
初級の基礎をいつの間にか卒業し(卒業の基準ははっきりしませんが)
中級文法を勉強し始めた方、検定試験に挑戦してみたいという方は
TOPIKで自分の実力チェックをしてみませんか?

TOPIK ⅠとTOPIK Ⅱのどちらに関しても言えることですが
過去問題や対策問題が沢山あります。
出題される問題の傾向や内容をつかんでしまえばTOPIKも簡単です。

彼を知り己を知れば百戦殆うからず
韓国語:지피지기(知彼知己)면 백전백승(百戦百勝)

という孫氏の言葉のように、
合格のためにはTOPIK試験をまずはしっかり理解し、
満足いく点数を取れるように準備が必要です。

どのようにTOPIKが出題されるのか、
試験は何時から始まり何時までなのか、
何分間で何問の設問を解かないといけないのか、
どんな単語を覚えておけば問題が解けるのか、
まずはTOPIKを知ることから始めてみましょう。

TOPIKⅠを受ける方もTOPIKⅡを受ける方も大歓迎です。

■こんな方にオススメ
・日々のお仕事や学校の勉強のため、TOPIK試験のための時間がうまく取れない方
・TOPIKは受けたことがあるけれど、十分な対策ができなかった方
・何から対策して良いかがわからない方

また、TOPIKⅡで韓国語学習者のみなさんがつまづく作文(쓰기)対策講座も準備しています。
私自身の勉強方法を交えて、点数アップ方法をご紹介します。

TOCCO_KOREA〔とっこりあ〕

中級レッスン

韓国語学習の中で、
自分って成長したなぁと感じることはありますか?

私はレッスン中、生徒さんに

「あれ?これってこの前もやりましたよね?」

と言われるときが一番生徒さんの成長を感じます^^
わかるようになった瞬間、嬉しくなりますよね。

中級レッスンでは基礎文法より少しグレードアップした
新しい文法を学習します。

例えば・・・

■理由を述べる表現
■〜してもいいですか?
■〜しなければいけません
■〜しないでください
■〜しようとする
■〜してみる
■間接話法(←ちょっとややこしいやつ)

ここまでくると、韓国語での会話もスラスラできてきますよ。
本当は自分の言葉で読む・話すだけではなく、
文章にして書いてみることもオススメします。
最近は日記を韓国語でつけられている方も多いので参考になります。

中級である程度自信がついてきたら
こんな内容も学習してもいいかもしれません。

■口語表現(話し言葉)
■くだけた表現(パンマル)
■韓国語の漢字
■慣用表現・ことわざ・四字熟語
■擬声語・擬態語

ここまで勉強するとひとつ思い浮かぶことがあります。
せっかく韓国語を勉強しているのだから
検定試験でも受けてみようかな?

TOPIKやハングル検定を受験されたことがある方は
きっと一度はこう思って、実行に移されていますよね。

弱点を確認するため、自分の力試しをするために
検定試験を受けられる方も最近では増えています。
次は検定試験の対策レッスンについて書きたいと思います。

TOCCO_KOREA〔とっこりあ〕

初級レッスン②

韓国語を勉強していると、どこからどこまでが入門で
どこからが初級で、いつからが中級なのか
よくわからなると思います。

それもそのはず。
沢山の韓国語教材があるので、
「この教科書が終わったらあなたは中級ですよ」
なんて気安くは言えませんね。

韓国語学習は自分の成長は自分の肌で感じるもの。
「あ、結構わかるようになってきたな」
「これ、前習ったやつだ」と。

もう少し、初級レッスンで習う内容についてご紹介したいと思います。

初級と言っても沢山あります。
基本的な文法には以下のようなものがあります。

■〜です・ます
■〜しました(過去形)
■否定表現(〜しません)
■尊敬語
■〜しましょう
■可能表現(〜できる↔〜できない)
■未来形表現(〜するつもりです)

それから、基本的な数詞や、前後・左右・東西南北など
方向を表す言葉についても初級では学びます。

何時何分が言えたり、教室に人が何人いるのか
今日は何月何日なのか、約束は何月何日にするのか
お菓子はいくつあるのか、ペンは何本あるのか。
数詞はこのようなことが言えるようになるため
本当に覚えておくと使えます。

ここまで習えば初級はマスターしたと言えると思います。
次は中級のレッスンについてご紹介いたします。

TOCCO_KOREA〔とっこりあ〕